Home / レビュー / 【徹底レビュー】Geeetech Prusa i3 (RepRap)【ウンカン】
FireShot Capture 4 -  - http___www.geeetech.com_Documents_Aluminium Prusa i3 Assemble Ins
このエントリーをはてなブックマークに追加

【徹底レビュー】Geeetech Prusa i3 (RepRap)【ウンカン】

2016年1月頃、Amazonでウンカンという会社から3DプリンターのDIYキットを購入して半年程経過しましたので、レビューしていきます。

 

アルミニウム製 Prusa i3

3
冷却ファン取り付け後

ウンカンという会社から購入しましたが、中身はGeeetechという会社がオープンソースのReprap Prusa i3ベースでデザインした3Dプリンターでした。しかも、組み立て方法が記載された書類は一切なく、パーツ名が記載された書類のみでした。その他、スクリュードライバーや棒状のヤスリ、電源、数十センチのフィラメントなどが付属されていました。
中国産ということで、中身が心配だという方も多いかと思いますが、欠品もなく、材料の質も良いという印象でした。

本体ですが、造形サイズは200x200x180mm、フィラメントの太さは1.75mm、ノズル径は0.4mmを選択。
結局のところReprap3DプリンターなのでフィラメントはPLA,ABSに加え、ナイロンや木質フィラメントなど、Reprapで使われているフィラメントならどれでも使用可能です。

組み立て

組み立て方法などはGeeetechがPDFとYoutubeでの動画を用意してくれているので、DIYが得意な方であればその2つを参考に問題なく組み立てられるはずです。PDFは英語ですが、辞書を引いて理解できるレベルですので問題ありません。
最低限の工具は付属されていましたが、レンチやノギスなど自前で工具を用意しておくと作業が捗ります。

私の場合、PDFとYoutube動画を参考にして6時間程で3Dプリンター本体を組み立て、簡単な動作確認をする所までいきました。
この3Dプリンターの制御基板はArduinoベースのSanguinololuというもので、ファームウェアが既にインストールされており、組み立て後すぐに使えるようになっています。ただし、私の場合は造形物のX,Y軸の長さにズレがあったので、X,Y軸のモータのステップ数をPC側のソフトで調整する必要がありました。このような所もDIYです。

ソフトウェア

Reprapベースなので、造形する際のPC側のソフトも自由に選べます。
私の場合は3Dプリンタの制御ソフトにRepetierHost、Gコード生成ソフトはReprapで一般的なSlic3rを使用しています。このSlic3rでピッチやスピード、温度など造形の細かい設定が可能です。設定項目が細すぎて戸惑うかもしれませんが、これもDIYです。

キャリブレーション

キャリブレーションですが、この機種は全てマニュアルで行う必要があります。
X,Y軸は、プリンタがアルミフレームということもあり、造りが良いのでPC側で可動範囲を設定するだけで良いのですが、Z軸のホームポジションの調整は自力で、しかも頻繁に行う必要があります。目視での高さ調整はかなり面倒ですが、仕方ありません。

自由に改造が可能なので、どうしても高さ調整を自動化したい場合、近接センサをつけることで自動化することも可能です。

自由に改良が可能

Reprapなのでプリンターそのものや、フィラメントの温度設定などを改良していくことで造形の精度を上げることができますが、こればかりはネットで調べて試行錯誤するしかありません。幸い今回購入したものはアルミや鉄で構成されているので、プリンターそのものの精度が良く、造形の精度も悪くありません。
この3Dプリンターには、プリントヘッドの冷却ファンが着いておらず、細かい造形ではかなり精度が落ちるという印象でしたが、自力で冷却ファンを取り付けることで造形の質を上げることができました。

1
冷却ファン取り付け後
2
左が冷却ファンなし、右が冷却ファンありのエッフェル塔

 

組み立てキットを購入することで、自力では材料を用意することが困難な精度の良いアルミフレームとスチール製の部品で、失敗の可能性を最小限に抑え、Reprap 3Dプリンターを組み上げることができました。

ReprapベースのDIYキットの最大のメリットは、細かいところまで改良が可能であり、ハードウェアからソフトウェアまで全てにおいて自由、さらに必要十分な部品が揃っているということです。メーカー指定のソフトウェアに縛られたり、修理に必要以上の費用がかかったりすることがありません。しかしこれは同時に、メーカー製の3Dプリンターと比べ運用の難易度が上がることや、故障した場合修理に出すといったことができないということを意味しています。

今回購入したものは3Dプリンター組み立てキットというよりは、Reprap入門キットです。とにかく造形できれば良いという方には向かないですが、DIY好きな方やこれからReprapを始めたいという方におすすめです。

 

最後に

ウンカンという中国の会社からAmazon経由で5万円程で購入しましたが、Aliexpressなどの中国の通販サイトでは同様のものが3万円弱で販売されており、ラインナップも豊富なので、これからReprapを始めたいという方はそちらがおすすめです。

 

 

組み立て方法

http://www.geeetech.com/Documents/Aluminium%20Prusa%20i3%20Assemble%20Instruction.pdf

http://www.geeetech.com/Documents/Aluminum%20Prusa%20i3%20Assemble%20Instruction(2).pdf

Youtube再生リスト
https://www.youtube.com/watch?v=KCKfAqoxRZg&list=PLODCkot3GriiomwOYGZslsb_DPNh3KWgj

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です