Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 摩訶不思議!回らないはずの組み合わせでも回転しちゃう歯車が実現!
FireShot Capture 3 - Three Gears are Possible - Numberphile - YouTu_ - https___www.youtube.com_watch
このエントリーをはてなブックマークに追加

摩訶不思議!回らないはずの組み合わせでも回転しちゃう歯車が実現!

歯車の組み合わせでは、絶対に回すことが出来ない組み合わせというものがあります。
単純に3枚のギアが全てかみ合うように設置するだけで回らなくなってしまうのですが、
このどう考えても不可能な組み合わせで回転させることが可能になりました。

成功させたのはオクラホマ州立大の助教授であるHenry Segerman氏。
3Dプリンタを用いた立体の歯車を用いる事により、不可能とされていたギアの組み合わせを実現してしまいました。

7

省スペースで複数の動力を取り出すことが可能に

作成されたギアは、ネジのような形状をしたウォームギアを3つ組み合わせているように見えます。
動力となっている軸を回転させると、軸に取り付けられたギアが回転、その一つのギアと直接組み合わされた二つのギアが同時に回転します。

今まで、一つの動力から正回転と逆回転の二つの出力を取り出そうとすると、ギアを複数組み合わせたギアボックスを作らなければいけませんでした。
しかし、このギアならば一つのギアから二種類の出力が取り出せるため、設置場所が狭くても問題なく使用できます。

160624ThreeGears-4

既に3つの出力を取り出すことにも成功

動画では、出力軸から直接3つの出力を取り出すことにも成功しています。
ただ、メビウスの輪のようにギア同士が複雑に絡み合っているため、実用させるには少々難しいかもしれません。

Henry Segerman氏は、動画の中で他にも様々な動力の伝達方法を披露しています。
3Dプリンターを利用して作られたこれらの製品、ひょっとしたら今までにない動力伝達方式として工場や機械で使われるようになるかもしれませんね。

 

参考:http://www.segerman.org/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です