Home / スマホ・アプリ / 3Dプリンタで音質改善?3Dプリンタで作られた音響機器達
Audio mixing desk in use
Audio mixing desk in use
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタで音質改善?3Dプリンタで作られた音響機器達

先日行われた3D&バーチャルリアリティー展に、ちょっと面白いスピーカーとイヤホンが展示されていました。
どちらも3Dプリンターで製作されており、それぞれ違った特徴があります。

見た目はまるで生き物?

リコーのスピーカーは、四本足で大きな一つ目の生き物のような外観となっています。
上手く塗装すれば風の谷のナウシカに出てきそうな見た目で、直線が無いデザインが特徴的です。
内部にも工夫があり、和太鼓のように内部に大量の突起が成型されています。

これにより、余計な音の反響を抑え、高音質での出力が可能になるそうです。
まだ試作段階ですが、小型高音質のスピーカーとして期待できそうです。

ricoh_speaker2

オーダーメイドイヤホンがわずか二日で作成可能

大手3DプリンタメーカーのStratasysは、同社のプリンタを使用しているNormal社のカスタムイヤホンを展示しています。
このイヤホンは、スマホアプリでユーザーの耳の形を測定、取得したデータを元に3Dプリンタでユーザの耳にぴったり合うイヤホンを作成します。

従来のオーダーメイドイヤホンは、補聴器を作成する時と同じように、お店で耳型を取ったあと、それをメーカーに送っていました。
手元に届くまでにはかなり早くても一か月は時間が必要で、海外メーカーに依頼すると半年かかる場合もあります。

earphone

このイヤホンでは、作成に必要な時間が最大二日となっており、従来に比べてかなり短い時間で納品できます。
3Dプリンターの活用で、これらの一点もののグッズ製作もかなり楽になりそうですね。

参考:http://www.ivr.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です