Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 国産プラレールと外国産レールを3Dプリンターを用いてつないでみた
d19184-1-633621-1
このエントリーをはてなブックマークに追加

国産プラレールと外国産レールを3Dプリンターを用いてつないでみた

電車のおもちゃと言えば、プラレールが有名ですが、海外から輸入された製品との互換性が無く、プラレールを購入してしまうとせっかく買った海外製のレールが使えないという問題がありました。
3Dプリンタ製看板の製造、販売を行っている株式会社ミリメーターは、今回同社ECサイトにて、海外製のレールとプラレールの相互接続が可能になるオリジナルレールの販売を開始しました。

 

海外製品とプラレールの接続が可能に

このレールは海外製の木製レールとプラレールをジョイント出来る製品。
ジョイント部分の片方がプラレール、もう片方が木製用となっています。

d19184-1-704614-2

 

オリジナルのレールも

接続用レールの他にも、立体交差や平面交差が可能なレールも販売されており、今までにないレイアウトでのコース作成が可能になります。
カラーリングは赤・青・白の三種類となっており、木製のレールとプラレールを組み合わせることによってデザイン面でも少し変わったものが作れそうです。

d19184-1-855242-4

28a29e1b293a4e78cf3ee8a7e2200e40

レールの再利用が可能に

国内で販売されている鉄道のおもちゃは国産のプラレールの他に、外資系ショップで販売されている木製レールのものが長く共存していました。
これらは互換性が無いため、不要になって親戚や友人に譲っても再利用できない場合があり、その場合には廃棄するしかありませんでした。

今回発売されるこの製品を利用すれば、今まで捨てるしかなかったレールを利用することが可能になるため、エコの面からも注目のアイテムと言えます。

参考:http://www.last-ones.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です