Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリンタ?それとも編み機?自動で入力されたニット製品が作れるプリンター
snap00001_m
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタ?それとも編み機?自動で入力されたニット製品が作れるプリンター

自分でデザインしたオリジナルニット製品を簡単に作れるようになるかもしれません。
ロンドンの「Kniterate」は、ニット製品を出力可能な3Dプリンタのプロトタイプを発表しました。

 

出力ではなく「編む」

こちらの3Dプリンタは、今までの3Dプリンタとは違い、素材を直接出力して製造するわけではありません。
衣類メーカーの工場にある自動織機のように、毛糸を編み込んで製品を作成します。

動作についても自動織機とさほど変わらず、横糸と縦糸を組み合わせることによって製造されます。

snap00003_m

snap00004_m

テンプレートを変更して様々なデザインが作成できる

作成する製品についても、あらかじめPCからテンプレートを呼び出して登録する形になっています。
デザインは自分で好みのものを選んだり、自作も可能となっているため、色々な物を作成可能です。

snap00006_m

 

自宅でオリジナルニット製品の製造が可能になるかも?

現在作られているものは、まだ自動織機と性能的には変わりません。
しかし、工場などで使われている織機は大型のものが多く、個人での利用はほぼ不可能です。

この製品は一般的な3Dプリンターと比較するとやや大型ですが、一般家庭でも利用可能なサイズに収まっています。
この先、改良されていけば自宅でオリジナルのニット製品を自由に生み出すことが可能になるでしょう。

 

参考:http://www.kniterate.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です