Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリンターで服に装飾する強者が現る
tshirt-step-4
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターで服に装飾する強者が現る

Tシャツや布製のグッズにオリジナルのロゴをプリントする方法が公開されました。
アメリカ発のDIY雑誌「Make」のサイトで発表されたこの技術、木綿やポリエステルなどの素材に3Dプリンタで印刷を行う方法なのですが、DIY系という事でかなりの力技となっています。

 

生地をいかに固定し続けるかが問題

同サイトでは、3Dプリンタ内にTシャツをクリップで固定して出力を行う方式をとっています。
本来はプレート上に出力する製品を布の上に出しているだけのお手軽な方法なのですが、しわや布地の伸びなどで失敗する事も多いようです。

固定が甘いときれいに積層出来ずに微妙にずれてしまったり、形が変になる事もあるそうなので、固定は出来る限りしっかり行った方がよさそうです。

tshirt-step-3

洗濯バサミを使って固定中。。。

 

出力がうまくいってもまだまだ問題が

綺麗に出力できても、布にただ樹脂を乗せただけなのであまり強く固定できていません。
流石にそのまま滑り落ちたりすることはないようですが、少し引っ張れば簡単に取れてしまうようです。

サイトでは布用接着剤をロゴの裏から塗りつけて固定力を上げていましたが、それなら別にロゴをあとから貼りつけても問題ないような気がします。

tshirt-step-8

 

3Dプリンターを上手く活用すればもっと怪しい物も?

今回の記事は樹脂を積層するだけだったのですが、上手く調整すれば全く違う素材を中に含んだ製品を作ったりすることも可能になるかもしれません。

 

 

参考:http://makezine.com/projects/how-to-3d-print-directly-onto-t-shirts/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です