Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / Windows 10 IoT Coreでネットワーク上の3Dプリンタが制御可能に
windows-10-iot
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10 IoT Coreでネットワーク上の3Dプリンタが制御可能に

MicrosoftはIoTデバイス向けOSであるWindows 10 IoT Coreのネットワーク3Dプリンタへの対応を発表しました。

対応した3Dプリンタをネットワーク化

このシステムは、IoTデバイスを経由することで3Dプリンタをネットワークプリンタとして利用可能にします。
利用方法も通常のネットワークプリンタと同様に「プリンタとスキャナ」からデバイスを追加するだけとなっており、従来のUSB接続方式と同じように使用できます。

 

raspberry Piでの導入方法

Windows 10 IoT Core導入済みのRaspberry Piがあれば簡単に接続が可能です。
まずは3DプリンターとRaspberry PiをUSBで接続。

IoT DashboardのMy devicesに3Dプリンタが表示されたか確認し、Network 3D Printer sample appから接続した3Dプリンタを選択してDeploy and Runを行ってください。
完了後は、PC側でネットワークプリンタと同じように追加すれば使用できるようになります。

PAK85_blackberrysimkoukan20141025171850_TP_V

 

対応プリンタは7種類

現在は以下の7種類のプリンタが対応しています。

Lulzbot Taz 6
Makergear M2
Printrbot Play、Plus、Simple
Prusa i3 Mk2
Ultimaker Original、Original+
Ultimaker 2、2+
Ultimaker 2 Extended、Extended+

 

 

参考:http://www.windowscentral.com/windows-10-iot-app-adds-support-using-networked-3d-printers

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です