Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 空中に金属を直接整形できる3Dプリンター
Laser-assist-3D-printing-605x403
このエントリーをはてなブックマークに追加

空中に金属を直接整形できる3Dプリンター

従来の方式では必須だった支持層が不要に

ハーバード大学で開発されたこの3Dプリンタは、従来の3Dプリンタでは不可欠だった出力中の支持層が不要になっています。
つまり、最下層から順番に出力していた今までのものと違い、空間に直接出力することが可能になります。
今までの3Dプリンタは、ノズルの下に整形中の部品や、パネルが無ければ樹脂などを狙った位置に出力することが出来なかったため、どうしても無駄になる材料が出てきてしまったり、最後に手作業での仕上げ作業をする必要がありました。

 

羽根のようなものを直接出力可能

考え方そのものは従来の製品とあまり違いはありません。
材料を何らかの方式で出力し、固める、ここは全く同じといえます。

この新しい装置では、材料として銀製の細いフィラメントが原料として使われており、ノズルから出力された材料をレーザーで焼き固めることによって整形しています。
ですので、硬化までの時間がほとんど必要なく、更に金属のワイヤーを材料としていることから、空中でも安定して狙った座標に出力できるという訳です。

光硬化樹脂を用いた製品や、直接ノズルから材料を噴射する製品は現在でも販売されています。
しかし、敷き詰められた金属粉末にレーザーを照射して固める方式のため、仕上げ作業に時間がかかってしまうのが問題でした。
動画では羽根やオブジェを制作していますが、一筆書きのように空中に金属線が配置されていく姿は一見の価値があります。

 

参照:http://wyss.harvard.edu/viewpressrelease/257

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です