Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / アンドール・アリエルによる新しい3Dプリンターデータサービス
Handshake
Handshake
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドール・アリエルによる新しい3Dプリンターデータサービス

アンドールとアリエル社(本社東京)は、この度、業務提携し、3D のモデルデータの作成から3D プリンターによる試作品の造形まで、3 次元化技術ををワンストップで提供するサービス「3D データセンター」を2016 年5 月16 日に開始した(ニュースリリース)と発表しました。

 

このサービスは、3D プリンターを必要とするユーザーが対象ですが、その中でも、特に、自社で適した3Dプリンターを持っておらず、3D プリンターによるデータを作成するのが困難とされる、中小規模の製造業者に有効利用されそうです。

 

手厚いサポート

「3D データセンター」は、一般的な製造業において試作品の作成を必要とする場合に、手書きや平面の設計図面、あるいはコピー、写真、現物モデルなどをもとにして3D データを作成します。

そして、更に、迅速・安価な作成を支援するサービスとして、STLファイルの修正・加工も請け負うことができます。精度については、3D プリンタに関わる技術者による設計要件の定義と3D データ作成により、3D プリンターの特性を考慮して、高精度のモデルを製作可能です。

このサービスを利用すると、短時間の間に簡単に3D 製作を行えますので、設計工程の初期段階からのモデル試作が可能になりました。その過程で複数のパターンで試作品を検証することも可能になり、より適切な製品づくりを実現できます。

Deal handshake sign

 

遠隔でのデータ確認

それと同時に、株式会社SOBA プロジェクトのWeb 会議システム「SOBA mieruka」を利用して、遠隔地動どうしであっても、3D データを互いに360 度回転させながらリアルタイムに形状確認しつつ、話し合いをすることができます。

データを確認した後は「3D 造形センター」へとデータを引き継ぎ、3D プリンターによって試作品を製作します。このように、3D データの作成から、打ち合わせ、試作品の完成までを3D データセンターが一元的にサポートできる仕組みであるため、全工程を一円管理し、各過程、合意のもとで作業を進めやすいメリットがあります。

アンドールとアリエル社は今後、このようなサービスを製造業で拡大する一方で、それ以外の分野、例えば、3D 地形図のデータ編集やフルカラー3D プリンターでの造形などの分野にも進出を予定しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です