Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリンターを用いた新しい不妊治療
1605113dprint
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターを用いた新しい不妊治療

不妊治療の対処法に新しい革新的な技術が発表されました。

 

マウスの卵巣づくりに成功

この度、ボストンでの内分泌学会でノースウェスタン大学の研究者が発表した結果が驚くべき内容でした。

3D プリンターを使ってマウスの卵巣を人工的に作り、手術により卵巣を取り除いたマウスに移植してみたところ、そのマウスは正常に、子どもを妊娠・出産できたとの報告がありました。

卵巣を取り除いたマウスに、3Dプリンターで作った卵巣を移植したことで、女性ホルモン周期も回復したようです。3D プリンターでの作業なので、卵巣の形と思われるかもしれませんが、大事なのは卵巣の形もさることながら、人工卵巣の素材をいかに本物に近づけるかと言う点にあったようです。

Surgery team operating in a surgical room

ゼラチン素材で出力

本物の卵巣に近い素材にするために、動物性コラーゲン由来のゼラチン素材の構造を3D プリンターで作り出し、そこに卵母細胞とホルモン生成細胞などの細胞が含まれている卵胞を移植、バイオプロテーゼ(人工臓器などを指す)を作り出しました。

このゼラチン構造はそのかたさが重要です。理由は、手術での移植に耐えうるほどのかたさと、内部に血管が形成された後、卵細胞が成長して排卵に至るほどの柔らかさ、弾力性が必要だからです。

また十字に交差する凸凹を作ることで数カ所に細胞が留まることができるように工夫されています。人間に応用される日も近いことでしょう。従来の不妊治療とは異なる治療法で、不妊に悩む方々に希望を与えるニュースです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です