Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 光硬化レジンを用いた高性能3Dプリンター
dmln53000001jsyy
このエントリーをはてなブックマークに追加

光硬化レジンを用いた高性能3Dプリンター

カーボン3D社は光で造形を行う3Dプリンタ「M1」を発表しました。
昨年のTED2015で展示されていたモデルの製品版となります。
このM1では、耐久性などに優れた7種類のレジンが使用可能になっています。

 

射出成型と同等の出力が可能

このM1は光と酸素を組み合わせた方式で出力される方式を採用しており、従来の一枚一枚印刷してはり合わせていく出力方法と違い、連続で出力することによ、射出成型と同等の精度を持った製品の製造を行えるようになりました。

dmln53000001jszz

 

印刷速度を落とさずに高品質の製品を出力

従来の製品に比べ、M1は平均で数十倍の出力速度になっています。
公開されている動画では、UVレジンのプールから直接製品を引っ張り出しているような印象を受けてしまうほど。
3Dプリンタで出力された製品に付き物の一枚一枚重ねたような模様も無く、完全に一体成型された完成品が出力されています。
この性能を実現したのは、CLIPと呼ばれる技術です。
この技術により、今まで硬化したレジンを補充するのに必要だったラグをほぼ0にすることに成功、これにより高速で高品質の出力を実現しています。

carbon-m1-3d-printer-5

 

インターネットを利用してアップグレードも

このM1はインターネット経由でファームウェアのアップデートも提供されることになっています。
カーボン3D社では、ソフトウェアの開発を継続し、印刷品質の向上や最適化を行っていくとしています。

 

参考:YouTube

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です