Home / 特集 / 導入事例 / 【導入事例】3Dプリンタでコストを7割削減「アレッシー社」
20150130_alessi03
このエントリーをはてなブックマークに追加

【導入事例】3Dプリンタでコストを7割削減「アレッシー社」

概要

世界70か国以上で家庭雑貨や生活用品を展開しているアレッシー社。
同社では2000年代初頭に試作品製作を自社で行う事を目指し、様々なシステムを調査しました。

それらの中でも3Dシステムズ社のプロフェッショナル向けプリンタは、パーツの品質において同社の厳しい基準をクリア。
さらに、オフィスでの使用、全自動プリントなどの条件も満たし、コストパフォーマンスに優れた製品でした。

導入後一年もたたないうちに600以上の大小さまざまな試作品を製作。
さらには同社の人気商品であるエスプレッソメーカーのデザイン変更にも利用されました。

 

メリット

・テストにかかる時間が圧倒的に短縮
3Dプリンターを利用することにより、コーヒーポッドの注ぎ口の形状テストが簡単に行えるようになりました。
デザインの修正後、数時間で最新のデザインを反映した試作品が制作が行えるようになり、テストにかかる時間が短縮されました。

・デザインのプロトタイプを比較しやすくなった
このエスプレッソメーカーは、長い期間にわたって販売されます。
同社の顔とも言える製品のデザインを決めるにあたり、作成した様々なデータを並べて評価する事が簡単にできるようになりました。
設計図やイラストなどで行っていた従来の方法に比べ、業務の効率がかなり良くなりました。

・業務改善が可能に
社外のデザイナーや金属モデル制作会社とのやり取りが円滑化しました。
納品されたデータを立体化しやすくなり、イメージをつかみやすく、伝えやすくなったためです。

 

用途

・様々な製品のプロトタイプ制作
同社が販売する製品の使いやすさ、デザインなどを盛り込んだ試作品が簡単に作れるようになりました。

・デザイン開発の短縮
世界中のデザイナーとのコラボレーションを行っていますが、送られてきたデザインをすぐに立体化し、目で見て検証などがおこなえるようになりました。

・開発コストの圧縮
製造に必要なデザイン決定までの時間を一か月以上短縮することに成功したほか、試作に必要な費用も7割削減できました。
開発期間の短縮により、開発から発売までのスパンが短くなり、様々なコストが圧縮できました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です