Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 大手企業も参加するファブスペースがオープン
001
このエントリーをはてなブックマークに追加

大手企業も参加するファブスペースがオープン

大阪市内に新しいモノづくりの拠点が生まれました。
「The DECK」は地下鉄堺筋線、堺筋本町から徒歩数分の場所にオープンしました。

 

個人にも企業にも開かれたスペース

こちらのファブスペースでは、個人向けの利用だけではなく、企業などの利用も可能となっています。
参加したい企業はパートナーとしての登録を行います。
個人のアイディアを企業が採用するなどのオープンイノベーション拠点を目指し運営していくとしています。
もちろん、個人会員が自分が作りたい物を自由に制作する事も可能です。

 

企業パートナーは関西の大手メーカー

パートナーには、関西の製造系大手の他、様々な企業が参加。
その中にはもマーケティング関連企業なども含まれており、企業同士の連携などを取り持ったり、新しい製品を売り込んだりなどの展開も期待できるでしょう。

Smiling business woman in wheelchair

 

最新設備の利用も

こちらのスペースには3Dプリンタやレーザーカッター、刺繍ミシンなどが設置されています。
利用料金は終日利用できる月額会員が男性\12,800、女性\9,800-
平日日中のみの利用は男性\9,800、女性\7,800-
開店から閉店まで利用できる一日券が一律\1,600となっています。
設備としてWi-Fi、ミーティングスペースなども設置されており、60名以上が利用できるイベントスペースもあります。
ちょっとしたDIYから、モノ作りに関するイベントの開催までと、様々な目的で使用できるファブスペースとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です