Home / 特集 / 使ってみた / 【徹底レビュー】ダヴィンチ 1.0 Pro&製品情報まとめ
IMG_1950
このエントリーをはてなブックマークに追加

【徹底レビュー】ダヴィンチ 1.0 Pro&製品情報まとめ

davinci 1.0 pro

製品名 ダヴィンチ 1.0 Pro
メーカー XYZプリンティング
価格 99,800円

こちらもおすすめ!

【徹底レビュー】ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1を使ってみた
【徹底レビュー】 ダヴィンチ 1.0 Proのレーザーモジュールを使ってみた

↓タブの選択が可能です。

製品トップレビュースペック画像動画口コミ類似の商品

とことん突き詰めた使いやすさ

ダヴィンチ 1.0 Proを製造するに当たり、最も重視されたことがその使いやすさと言われています。プラットフォーム校正プログラムまで搭載されているため、従来かなりの手間であった校正が容易になりました。

またフィラメントオートフィーディングシステムにより、簡単にフィラメントの交換も行うことができます。

main

他社製フィラメントも使用可能に

従来の3Dプリンターといえば特定メーカーのフィラメントしか使うことができませんでした。そのためランニングコストが思ったよりかかることもしばしばありました。

しかし同製品は他者製フィラメントも使用できるため、そのような心配はなくなりました。

filament

精密設計

数値で表すのが難しいことではありますが、頑丈なつくりをしているため従来のように修理に追われることがなくなります。

また低騒音設計がなされているので、就寝中に稼働させることも容易です。

だい

参考:https://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/da-Vinci-1.0-Professional

先日取材を引き受けてくださったXYZプリンティングジャパン様から、現在(2016年4月20日)発売しているモデルの中で一番新しい3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0 Pro」をお借りすることができました。

XYZ-printingといえば2015年の世界市場における総出荷台数トップシェアを獲得し、3Dプリンター市場を席巻している企業です。

今回から3回にわたり、「ダヴィンチ 1.0 Pro」の性能等をレビューしていきたいと思います。

第1回のテーマは「ダヴィンチ 1.0 Proの出力機能、XYZwareの使い心地を評価」です。

先に言っておきますと、今回3D CADに関する知識を一切持たない、ど素人が準備から出力までを行っています。

温かい目で見ていってください。

早速見ていきましょう。

準備編

ダヴィンチ1.0から改良され2つ穴プラグに

まずは箱から取出し、印刷するまでを見ていきます。

箱から取出す中でまず思ったことが、意外と重いということ。20キロ強あるので、男性の大人は比較的容易に持てますが、女性には少し厳しいかもしれません。

筐体

この写真からは重さも大きさも伝わらないと思いますが、こんな感じでした。

印刷前に感じるダヴィンチ1.0との大きな違いとしては、コネクタが3穴プラグから2つ穴に変わったということです。

これにより、変換プラグを購入することなく、プリンターを使用することができます。

初期設定不要の親切設計

そして何より素晴らしいと思ったことが、キャリブレーションの必要がなく、開梱後すぐに出力に移れるということ。

従来の3Dプリンターですとキャリブレーションという事前の調整が必要でしたが、ダヴィンチ 1.0 Proでは前もって設定されているので、この工程が必要ありません。

Teamwork couple climbing helping hand

マニュアルに沿って楽々運用

初めて3Dプリンタを動かすとなると、わからないことも多々あるため行き詰りがちですよね。

もちろんマニュアルは同梱されていますが、XYZプリンティングジャパンはホームページ上でマニュアル動画を使った補足をしています。

フィラメントのロードも初めて行いましたが、マニュアルに沿ってやったところ全く問題なくできました。

出力編

今回出力したのは、3Dプリンターナビのロゴです。

画面

大きさは約40mm×40mm×15mmです。

音もにおいも問題なし

何度か出力しましたが、PC上でデータ送信をしてから、出力まで遅いと10分程度かかります。

これは台座であったりフィラメント噴出口を温めなくてはならないからです。もちろんすでに温まっている場合はこの処理にかかる時間が短いため、わずか数分で出力が始まります。

時間がかかると思われがちなデータ送信ですが、これにかかる時間は数秒から数十秒です。まったく気にならない時間です。

また印刷時の音は、特段気になりませんでしたし、においは全くしませんでした。

完成編

どうやら出力が完了したようです。

出力後1

ドアを開けてみます。

出力後2

ヘラでがりがりと削ります。

へらでとる

そして。。。

完成です!!!

完成

かなりのクオリティです。

ちなみに手に乗せるとこんな感じです。

手のひらサイズ

サイズ感が伝わるはずです。

ほかにもこんなものを作りました。

きりんさんと消しゴム

キリンです。厚さは消しゴムの半分程度でかなりうまく出力できました。

キリンの出力動画はこちら。

残念ながら出力に失敗したものもあります。

失敗1失敗2

手の部分のフィラメントが垂れてきてしまっています。

やはりサポート材なしに宙吊り構造を出力するのは難しいようです。

ソフトウェア編

初心者から玄人までのニーズに対応

ソフトウェア1

先ほど挙げましたが、こちらはXYZwareに3Dデータをインポートした状態の写真です。

触ってみて第一に思ったことが、初心者でもかなり使いやすいということです。

3Dデータに関する知識は一切ありませんが、動かすことができます。

ソフトウェア2

左側のタブでデータのサイズや向き、視点の変更などが簡単にできます。

印刷直前の画面は以下の通りです。

ソフトウェア3

ここはあまりいじらなくてよさそうです。

レイヤー設定

レイヤーは初心者でもいじれそうですね。

ほかの詳しい設定に関してはわかりかねます。

その他設定

速度も細かく設定できるため、求める精度・時間を実現することが出来ます。

2台目として最適か

3Dプリンターを触ってみたい、試しに使ってみたいと思い3Dプリンターを購入、使用した方々が、「もう少しスペックの高いものを使いたい」と思った場合に購入するといいのかなと思いました。

また、XYZプリンティングジャパンからのコメントでは「“3Dプリンターを使い倒す!”と決心して1台目の3Dプリンターとして購入されることを期待している」とのことでした。

というのも、ダヴィンチ 1.0 Proはプロフェッショナル向けと位置づけられていることもあり、興味本位で購入したとしても、宝の持ち腐れ状況に陥る可能性があるからです。実際私たちがそのような状況でした。

ダヴィンチシリーズにはアドバンスユーザー向けはもちろん、エントリーユーザー向けの製品も数多く展開しています。

~~~追記(2016/07/27)~~~

おすすめ記事

【徹底レビュー】ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1+情報まとめ

3次元に絵を描ける?XYZプリンティングジャパンより『ダヴィンチ3Dペン』が販売開始

【徹底レビュー】ダヴィンチminiをレビューした

【2016年度版】3Dプリンターを出力品で徹底比較!

参考URL https://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/da-Vinci-1.0-Professional
メーカー XYZプリンティング
製品名 ダヴィンチ 1.0 Pro
用途(個人/法人) 個人向け
標準価格(税抜) 99,800円(2016年6月現在 税込)
造形方式 FFF/熱溶解フィラメント製法 (Fused Filament Fabrication
ヘッド数 1個(シングルヘッド)
最大造形サイズ(X×Y×Z) 200mm × 200mm × 200mm
Z軸解像度(最小積層ピッチ) 0.1mm
Z軸解像度(最大積層ピッチ) 0.4mm
使用材料/素材 ABS/PLA
サポートOS 32ビットもしくは64ビットプロセッサ、2GB以上のメモリ、Windows7以降 (PC)
64ビットプロセッサ、2GB以上のメモリ、MacOS X 10.8以降 (MAC)
制御ソフトウェア XYZware
スライサーソフト
入力データ方式/サポートファイル .stl , XYZ 形式 (.3w)
データ転送 USB 2.0/Wifi
本体重量 26kg
プリンタの寸法・大きさ(L×W×H) 468mm ×  558mm ×  510mm
消費電圧 250W

出力品

3D

3Dよこ

other

レーザー刻印

laser1

lasor2

初期設定

・ヘッドを動かすステッピングモニターの脱調に悩む
・キャリブレーションが必要
・出力台の下ろし方が難しい

説明書

・とてもわかりにくいので、検索しつつ
・値段をかけていないイメージ

造形開始時間

・フィラメントヘッドの温度上昇、台の温度上昇に時間がかかる
・データの変換には時間がかからない
・データ変換完了から出力まで10分程度

印刷速度

・10mm×15mm×60mmで1.5h

騒音・臭い

・下部ファンがうるさい
・騒音はほとんどなし
・横で寝られるくらい
・出力時は臭いなし
・レーザーは焦げたにおいがする

精度

・四隅ぎりぎりの出力は不可
・穴の寸法は0.2mmくらいずれる
・肌荒れが目立つ
・側面の一部にほつれがみられる
・サポート材なしに宙づりの素材を印刷するのは難しい

トラブル対応

・反りを指摘したところ材料をかえろとだけ伝えられる
・修理が遅い(1か月)
・指摘したところを完全には対応してくれない

不具合

・ノズルが詰まる
・キャリブレーションが始まらなかったり失敗したり

参考

https://www.amazon.co.jp/XYZ%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-3F1AWXJP00F-3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81-1-0/dp/B01C54DTEW

http://review.kakaku.com/review/K0000856771/#tab

ダヴィンチ 1.0 Pro 3 in 1

3in 1

ダヴィンチ Jr. 1.0(¥ 53,784)

davinci jr 1.0

ダヴィンチ 1.0 AiO(107,784円)

davinci 1.0 Aio

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加