Home / スマホ・アプリ / 手軽に3D撮影できるiPhoneカバー
ES_neth3d05
このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に3D撮影できるiPhoneカバー

一月に開催された「CES 2016」にて、スマホに取り付けるだけで3Dでの撮影と表示が可能な製品が発表されました。

12

「Neth 3D」はよくあるレンズ型の製品ではない

この製品、従来のスマホ用3D撮影キットとは違い、本体のカメラはそのまま2D撮影ができます。
今までの製品では、本体カメラに3D撮影用のレンズをかぶせるものが大半でしたが、この製品ではスマホカバー自体にカメラを設置、
スマートフォンからアプリで制御することにより、撮影を行います。
映像はHD対応となっており、撮影と同時に3D処理が施されます。

 

スマホでの視聴には専用フィルムの装着が必要

撮影した映像を3Dとして視聴するには、スマホに専用のソフトとフィルムを追加する必要があります。
通常利用では少々違和感を感じるかもしれませんが、3Dはなかなかの精度で表示されます。

ES_neth3d02

 

本体にはバッテリーが内蔵

カバーそのものを3Dカメラとして使用するため、電源としてバッテリーが内蔵されています。
この為、プロトタイプではかなりの厚さになっており、装着時の厚さは2cm程になってしまいます。
製品版のモックアップはかなり薄くなっていたので、通常のカバーと同じ感覚で利用できるでしょう。

 

発売は夏頃を予定

現在特許申請中との事で、詳細は説明していませんでした。
販売時の価格もまだ決まっておらず、今回の出展の反応をみて決めるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です