Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / SXSW2016に集まったユニークなアイディア達
01_px400
このエントリーをはてなブックマークに追加

SXSW2016に集まったユニークなアイディア達

「SXSW(South by Southwest)」が3月中旬に開催されました。
これは、音楽・セミナー・展示会など様々な催しが行われる一大イベントです。
開催地であるテキサス州オースティンでは、街全体に点在する会場で1週間にわたり、ライブ、映画の上映、ベンチャー企業による先進技術の展示、販売が行われました。

 

アメリカと言えばピザ

テキサス州にある「BeeHEX社」は、食品用3Dプリンターを出展。
デモでは水で溶かした材料を使用し、ピザを印刷しました。
印刷には6分ほどかかり、出力されたピザをオーブンで焼けば完成。
システムとしては、通常の3Dプリンタとほぼ同じですが、様々な素材を扱えるようにチューブやヘッドが工夫されています。
元々はNASAと協力して開発していたそうですが、予算縮小のあおりでプロジェクトは停止、現在はクラウドファインディングでの資金調達を目指しています。

thumb_400_04_px400

INNOVATIVE 3-DIYに輝いたのは「Wevolver」

この賞は3Dプリンティングを身近にするビジネス・技術などに送られる賞です。
今年の受賞は英国ロンドンのWevolver社、3Dプリントで使用できるCADデータなどの情報を共有するプラットフォームです。
共有されているデータには3Dプリンタで出力できるバイオリンや、様々なロボットなどがあり、昨年話題になったExiiiの筋電義手の設計図も入手することができます。
3Dプリンタで様々なものをシェアできるこのサービス、企業などのプロトタイプを公開する動きもあり、製品化を目標としたテストとして利用する動きもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です