Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 木を超える事は出来るか?3Dプリンター製エレキギター「hds」
main01_bkback
このエントリーをはてなブックマークに追加

木を超える事は出来るか?3Dプリンター製エレキギター「hds」

長野県に本社を置く平林デザインスタジオは、3Dプリンターでボディ部分を制作したオリジナルギター「hds」の注文受付を開始しました。
こちらのギターは、通常の加工方法では不可能ともいえる複雑な形状を実現し、華やかかつ透明感のある音に仕上がっています。

素材には「ナイロン12」を使用、焼結時に木目と同じ性質を組み込んだことにより、弦の振動をスムーズに伝達することができるといいます。
ナイロン12の比重は木材の倍ほどになりますが、音響伝達向上を兼ねた内部デザインにより軽量化も行われ、更に体にフィットするデザインにより、木製に比べた場合でも違和感はないでしょう。

body04_bkback

基本仕様は以下の通りです。
Body : Nylon12, Urethane Painting(Pearl White)
Neck : Hard Maple, Ebony Finger Board(300R)
Scale : 648mm, 22F(JESCAR)
Bridge : hds V-6c
Tuning Key : GOTHO SG360-B07-MG-T
P.U. : Front EMG 81, Rear EMG 85
Control : 1Vol. CRL-3way, Active
Weight : 3.6kg
Pure Made in Japan
オリジナルのトレモロユニット「V-6c」を搭載。
フロントP.Uには「EMG 81」リアには「EMG 85」とEMGの王道の組み合わせとなっています。
基本仕様以外にも、可能な限りのカスタムにも対応予定との事です。
予約・問い合わせは平林デザインスタジオのホームページから。
希望小売価格は¥880,000-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です