Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / AutoCAD2017発売、3Dプリントアシスト機能など追加
E-commerce Business Deal
E-commerce Business Deal
このエントリーをはてなブックマークに追加

AutoCAD2017発売、3Dプリントアシスト機能など追加

Autodeskから「Autodesk AutoCAD 2017」「Autodesk AutoCAD LT 2017」の二製品が発売されました。
この製品に追加された新機能は以下の通りです。

 

① ライセンス管理と操作性を向上
ライセンスマネージャを「Autodeskデスクトップアプリ」に変更
ダイアログボックス。プレビュー画面の大きさを変更
自動調整中心線の機能を追加し、作業が簡略化
② 接続性の向上
PDF形式の図面をジオメトリに変換及び編集機能を追加
A360ビューワでのリアルタイムコラボレーション
「Print Studio」を利用してSTLの修復、サポート材の配置調整などが行える
③ グラフィックのパフォーマンスが向上
④ IBLを用いた背景画像とモデルを組み合わせてアニメーションが可能に

 

ライセンスはサブスクリプションとなっており、必要な期間だけ契約を行う事が出来ます。
シングルユーザでの価格は、
「AutoCAD」一か月\34,560、一年\277,560、三年\749,412となり、2年以上の契約では価格が割引されます。
「AutoCAD LT」一か月\7,560、一年\43,092、三年\129,276になります、また、一年契約から30%、5年契約では40%の割引が適用されます。

Handshake

また、ライセンスにはクラウドベースでの閲覧・編集などを可能にする「Auto CAD 360 Pro」及び25GBのストレージが含まれます。
これにはモバイルアプリ、Webブラウザ用アプリが用意され出先でより高度な作業が可能になります。

3月22日に「Auto CAD」「Auto CAD LT」「AutoCAD Raster Design」が発売、「Map」「Mechanical」「Electrica」などの製品は4月に順次発売されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です