Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 都立産業技術高専学生の発明で特許を出願!「パチッとシステム」
20q2t200_01
このエントリーをはてなブックマークに追加

都立産業技術高専学生の発明で特許を出願!「パチッとシステム」

昨年8月26日に開催された全国高等専門学校デザインコンペティション2015 AM(アディティブマニュファクチュアリング)夏大会で最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞した「パチッとシステム」の特許出願を完了したと発表しました。

 

全国高等専門学校デザインコンペティション2015 AMは、地域貢献できるアイデア二かなものづくり人材と3Dプリンタのものづくり教育ツールとしての普及を目的としたものです。そこで、最優秀賞を受賞したのが、東京都立産業技術高等専門学校のものづくり工学科生産システム工学コース4年生、服部司さんがつくった「パチッとシステム」です。

20q2t200_03

「パチッとシステム」は、 「スマートフォン対応のキッチンフックで、専用のホルダーを使ってスマートフォンを目線の高さに設置可能。両手が自由になり場所もとらず、スマートフォンでレシピを表示しながら料理できるなど、家事をより楽しむことができる。デザインの特徴は、独自のばね構造を使った保持機構とこれを使用した保持システムで、内蔵されているばね構造により、ホルダーの左右を押すと簡単に固定ができ、上下のボタンでホルダーから取り外しが可能。」だそうです。

 

20q2t200_02

アイディアは素晴らしいですし、3Dプリンタを使った教育も進んでいます。それにしても特許というとすごいですね。誰にでもものづくりや発明が開かれるという好例でしょう。

リンク:

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/02/20q2t200.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です