Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 活用例 / 細かな凹凸まで再現!3D Scan and Print
Paints and brushes
Paints and brushes
このエントリーをはてなブックマークに追加

細かな凹凸まで再現!3D Scan and Print

今回ご紹介するのは、絵画を3Dプリンタで複製するプロジェクト「3D Scan and Print」。

 

3Dプリント技術は多くの分野で活用されています。3Dプリンタナビでも、多くの活用事例を紹介しています。芸術の分野でも、立体の3Dプリントモナリザやルーベンスの幼児虐殺など、多くの例があります。

「3D Scan and Print」は、一見3Dプリンタの活用事例という感じはしないかもしれません。しかし、そこにはパソコン画面で絵画を見るのとは違うのはもちろん、超高解像で実物と同じサイズで紙の上に2Dプリントしたとしても、本物とは大きな差があります。その違いは、「質感」です。3Dプリンタあれば、筆の軌跡や絵具の重なりなど、細かい凹凸まで再現することができます。

 

以下の動画がオランダ、アムステルダム国立美術館のレンブラントの絵をスキャン・3Dプリントしている動画です。

 

このような複製が広まれば、より多くの人が芸術を楽しめるようになるのでしょうか?額縁も3Dプリントすれば、本物との見分けがつかなくなってしまいそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です