Home / 3Dプリンティングを知る / 解説 / 今の3Dプリントは金属がアツイ!西欧が熱狂して取り入れる理由
ThinkstockPhotos-455602837
このエントリーをはてなブックマークに追加

今の3Dプリントは金属がアツイ!西欧が熱狂して取り入れる理由

3Dプリンタは様々な物を作成、再現することが可能故に近年では、使用される材料も多様性を見せています。
セラミックやプラスチックなど、一般的な材料はもちろん、鉱物が利用されるケースもあります。

例えば、金属は、3Dプリンタで使用される頻度の高い材料の一つです。
人気の高い材料と言えばわかりやすいでしょうか。

金属が前年比で45%も多く3Dプリンタ市場で求められているという話もあるくらいです。
それだけ、多くのユーザー、クリエイターが3Dプリンタに可能性を見出していることに他なりません。

 

3D printed black egg

金属を容易に加工でき、デザイン性もほとんど自由と言うのであれば、先見の明を持つ企業はこぞって第一人者になろうとします。携帯事業などを見れば分かりやすいと思うのですが、先に商業的ローンチを組み立ててしまえば、圧倒的に優位性を保つことが可能です。

そうしたパイオニアの座争いが激化しているのが西欧。未知なる無限の可能性を秘めた3Dプリントにどの企業も夢中です。企業が血眼になるほど魅力的な3Dプリントですが、個人でも十分今からでも参入可能と言うも魅力の一つです。もしかすれば、他の企業を出し抜いてひょっとでの個人が3Dプリンタ界の雄になることも可能なのではないでしょうか。

ぜひ、興味があれば、個人だからと諦めずに3Dプリントについて造詣を深めていただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です