Home / 3Dプリンティングを知る / 解説 / 3Dプリンターがビジネスシーンを席巻する!3つの変革
ThinkstockPhotos-500236497
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターがビジネスシーンを席巻する!3つの変革

今回は、徐々に企業、個人共に浸透しつつある3Dプリンターがもたらすビジネスシーンの影響をまとめてみました。
多かれ少なかれば影響を及ぼす事柄であることは間違いないので、一読していただければ幸いです。

ThinkstockPhotos-453414459

まず、3Dプリンターは試作品を作るということにおいては、かなり優秀だということ。
どんな製品でも本腰を入れて製造するまでにいくつか試作品を作成することになります。
準備段階を経て正品へというわけですね。

その点においては、3Dプリンターはすぐに簡単に出力することができるので、既存の立ち上げよりもスピーディに試作品を作ることが可能です。
また、修正も容易なので、本製品に遜色ないレベルでの試案が可能と言うことも大きいでしょう。

 

次に既存のモノづくりの常識を打ち破るという点です。
通常であれば、商品の立案、試作、製造過程の準備、生産体制の包括など様々な工程を経て一商品が出来上がります。

3Dプリンターを利用すれば、商品趣旨を試作しながら考える事も可能ですし、製造過程もプリンターを使った物であれば、容易に体制を整える事が可能です。
あらゆる時間や金銭コストという面でも3Dプリンターはさらなる可能性をビジネスシーンに提示するクリエイティブツールです。

ThinkstockPhotos-457397421

 

最後は、個人の参入窓口を広げる事です。
基本的に個人よりも大企業がブランディングでも、商品競争力においても圧倒的に優位にあります。
例え、個人が頭一つ抜け出すことが可能だとしても軒並みならぬ努力あってのものでしょう。

しかし、3Dプリンターを使えば、よりクリエイティブに労力を掛けることなく個人でもモノづくりの現場に参入することが可能です。
言ってしまえば、素人であろうと3Dプリンターさえあれば、購買までつなげる事の出来る潜在能力が3Dプリンターにはあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です