Home / 3Dプリンティングを知る / アクセサリー探しはやめ!自分で作ってしまおう!
tree-in-a-cross-pendant
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセサリー探しはやめ!自分で作ってしまおう!

あれでもない、これでもない。雑貨屋さんからアクセサリーショップまでをめぐりにめぐってお気に入りのアクセサリーを探すことは、近い将来必要なくなるかもしれません。

3Dプリンタの出力サービスを使ってしまえば、デザインから素材選びまで自分で好きにカスタマイズすることができるからです。

 

まずはデザイン設計からですよね。初心者にとって3Dプリンタに必要な3Dデータを一から作成するのは気が引けるかもしれません。しかしTinkercadといった初心者向けの無料ソフトも多数出ていますから、それらを駆使すればデザインも容易にできます。

18kゴールドで3Dプリントされた ‘Honey Bee Charm’ by Elizabeth Landis

デザイン設計の後は素材選びですね。3Dプリントでアクセサリーを出力するのに多く用いられるのはやはり金属です。

具体的には真鍮、シルバー、ゴールド、ブロンズといったところでしょうか。素材によって仕上がりはかなり異なってきます。

silver-finishes

 

デザイン、素材選びが終わったらあとは出力だけ。これに関しては数ある出力サービスの中からお好みのものを利用していただければいいと思います。

 

最後に気になる費用ですが、デザイン・素材に大きく左右されるため一概にはいえないようです。

たとえばブロンズで指輪を出力したところ5500円ほどしかかからなくとも、素材をシルバーに変えただけで値段が倍近くまで跳ね上がるということがあります。

3d-printed-brass-ring

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です