Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 未来学者が2020年代を徹底予想!
ray-kurzweil
このエントリーをはてなブックマークに追加

未来学者が2020年代を徹底予想!

実業家であると同時に、人工知能研究における世界的権威もあるアメリカ人レイ・カーツワイル氏が、近未来における3Dプリンタ技術の立ち位置を予測しています。

Innovation concept, consultant in management doing presentation

同氏はこれまでも様々な予測を的中させてきました。

今回は衣類・医療などの様々な分野において、3Dプリント技術が普及し活用されるだろうと予測しました。

Aging

現在、htlmlやcssなどでオープンソース化がされていますよね。オープンソース化によりプログラミングなどが私たちにとってグッと身近になりました。

Abstract tech binary background

同様に2020年代には、3Dプリントデザインもオープンソース化され、様々なものが簡単に出力できる環境が整うとの予測をだしています。オープンソース化により、関連産業が縮小し雇用が悪化するという懸念事項もあげています。

参考:YouTube

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です