Home / 3Dプリンティングを知る / 3Dプリンタが出力した製造物には柔軟性がない?そんなことはありません!
dmln530000018v4w
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタが出力した製造物には柔軟性がない?そんなことはありません!

3Dプリンタで出力した製造物は固く、変形させることは不可能。こんな固定観念を持った人いませんか?

 

オランダデルフト工科大学の学生2人が、プラスチックでできた柔軟性のある製造物の出力に成功しました。

3Dプリンタを用いてプラスチック素材から柔軟性のある造形物の出力に成功したとのことです。ここで注目してほしいことが数千万円クラスの産業用3Dプリンタではなく、30万円程度で手軽に購入できる個人用3Dプリンタで出力していることです。

学生2人は自分たちの運営するサイトInstructablesに造形物の加工方法を載せています。同サイトには製造物を簡単に曲げている写真も載っています。

photo

二人は製造物に柔軟性をもたせるため、3つの変数を設定しそれを変えていく中で最適な設定を見つけました。

ちなみにその3つの変数は「パターンの大きさ」「パターン間の隙間の広さ」「造形物の厚さ」とのことです。

 

従来の3Dプリンタのイメージを打ち壊した2人の活動に今後も目が離せませんね。

 

参考:fabcross

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です