Home / 3Dプリンティングを知る / 解説 / そもそも論 / わかっているようでわかっていない”3Dデータ”
hatena
このエントリーをはてなブックマークに追加

わかっているようでわかっていない”3Dデータ”

今まで3Dデータとは何かに関して触れずに3Dデータという言葉を何度も用いてきました。このあたりで3Dデータとはなんなのか見ておきしょう。

Male nurse explaining medication to the patient
3Dデータとは3D CADや前回解説した3D CGといったソフトウェアを駆使して作成されたデータのことです。
よく使用されるOfficeのソフトでWordの拡張子としては.doc、Excelの拡張子としては.xls、PowerPointの拡張子としては.pptが用いられるように、3Dデータには一般的に.stlという拡張子があてられます。
stlとは何を指しているのでしょうか。正式名称はStandard Triangulated LanguageまたはStereolithographyであり、前者の頭文字をとってstlとあらわされます。

Anonymous Computer Icon

stl形式では着色したり曲線を描くのは一般的にできないとされていますが、データの構造が比較的簡単なことから、3Dデータのフォーマットとして用いられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です