1 (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Polaroid

Webブラウザやスマホアプリからプリント状況を確認することもできる「ModelSmart 250S」を発売する「Polaroid」はグローバルな家電メーカーとして初めて3Dプリンタ市場へ参入する。

「ModelSmart 250S」で使用する素材として、9色のPLAフィラメントを用意しており、フィラメントのカートリッジには、フィラメントの状況と、適切な素材が使われているかをチェックする機能が備え付けられています。

 

最大造型サイズは250×150×150mm

プリント速度は20~100mm/秒

積層ピッチは50~350μm

自動キャリブレーション機能を搭載

Wi-Fi機能付きのカメラを内蔵

2

同社によると、グローバル展開する家電メーカーが個人向け3Dプリンタ市場に参入するのは初めてのことだという。2016年前半に、欧州15カ国で販売開始する予定だとしている。

CES 2016の会場では同プリンタで出力した同社の3Dロゴマークを組み立てる競技ModelSmart 250Sを使ってそれぞれ違う色で出力した6つのパーツを組み合わせ、「Polaroid & Pixel Design」のロゴ模型を組み立て「“How Polaroid Are you?”3Dピクセルパズルチャレンジ」を開催した。

リンク

Polaroid and EBP Group in three-year 3D printer partnership

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です