Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 銃火器のCAD図面がオープンに。「DEFCAD」
title (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

銃火器のCAD図面がオープンに。「DEFCAD」

銃火器のCAD図面を集積・公開している「DEFCAD(Wiki)「」」に公開されているこの銃。

 突き出ている透明な筒が銃身。一部外装、内部のスプリング類や一部パーツは既存の銃の交換部品を用いているそうです。

001

AR-15ライフルとルガー10/22ライフルを組み合わせ、ボルトの重量を増すために44口径の弾頭を使用するとのこと。

 

現状の3Dプリンタでは実用に耐えうる銃を作るのは無理ですが、オープンソースのすごさが垣間見えますね。

002

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です