Home / 技術 / 神奈川工科大、3Dプリントの造形物の著作権保護技術を開発。
FireShot Screen Capture #157 - '神奈川工科大学' - www_kait_jp_index2_php
このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川工科大、3Dプリントの造形物の著作権保護技術を開発。

 

3Dプリンタの造形物の著作権問題がこれからどんどん増えていくかもしれない、ということは以前こちら(3Dデータを作るだけで著作権侵害!?知っておくべき3Dデータの取り扱いに関する法律問題)でも説明しましたが、神奈川工科大学が造形物の著作権保護技術を開発しました。

 

基本的な仕組みは、3Dデータ自体に著作権情報を組み込み、出力した造形物内部に空洞などの形で母体と異質な微小領域を形成し、著作権情報を表現するというもの。

kanagawa_kouka_02 (1)

内部に情報を書き込むため、外部の形は自由で、読み取るときはサーモグラフィーを利用した専用リーダーで情報を読み取ります。

 

材質や造形法の違いにかかわらず実用化させることは難しそうですが、続報に期待です。

 

リンク:

神奈川工科大学

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です