Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / GEが今後20年で自社で製造する50%を3Dプリンターで。
general+electric+logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

GEが今後20年で自社で製造する50%を3Dプリンターで。

世界最大のコングロマリットであるGEが今後20年で自社で製造する50%を3Dプリンターで製造する旨を発表。

GEはあらゆる分野で使用される電気機器(医療、発電、照明、生産設備等)や、発電所や航空機エンジンなどのインフラ設備、プラスチックやシリコンなどの素材産業、宇宙開発やロケットエンジン開発など、様々な事業を展開していますが、現在では医療機器、ジェットエンジン用部品、洗濯機用部品の試作の製造の分野で3Dプリンターを使用している。

 

現在では、GEの製造の10%以下のものが3Dプリンターを使用して製造されているとのことですが、今後10年間で3Dプリンターで製造する比率を20%から25%に、今後20年で50%の比率まで引き上げるとのこと。三次元印刷ではプラスチックやセラミックのような素材を積層することによって形作るが、従来は巨大な素材のかたまりから切り出す方法、つまり切削によって製造してきた。

GEにとって3Dプリンターは単純に製品をつくるための方法ではなく、新しい方法を試してより良い製品を作るための方法であるとしている。そのため、GEは従来の生産技術を使用することをまだ計画しているそう。特に巨大な部品を製造する場合には。そのため3Dプリンターの役割は、追加生産物や修理品の製造だそうです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です