Home / 3Dプリンタを比べる / 製品情報 / 金属3Dプリンタが50万円以下!?驚きの低価格「S1」
d4a74649aae6258e9b06183e124920a8_original
このエントリーをはてなブックマークに追加

金属3Dプリンタが50万円以下!?驚きの低価格「S1」

金属3Dプリンタもついにここまで来ました。

少し昔は百万円以上していた金属3Dプリンターが40万円台で登場。

今回の「S1」という金属用3Dプリンターは金属の粉に1600℃の高温レーザーを照射し、固めて造形していきます。

出力できる素材はステンレス鋼、インコネル、ハステロイC、真鍮、ブロンズ、軟鋼などと中にはかなり強度の高い、高価な素材も含まれています。

解像度は50~100ミクロン。

「S1」を使って車やロケットの部品も製造可能らしいです。

 

さらに、ものづくりの幅が広がりますね!

Kickstarterページはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です