Home / 未分類 / Voxeljetは3Dプリンター帝国をインドまで拡大
voxeljet-continues-global-expansion-subsidiary-india5
このエントリーをはてなブックマークに追加

Voxeljetは3Dプリンター帝国をインドまで拡大

英、米、最近では中国まで拡大したドイツの工業用3Dプリンター製造業者voxeljetはインドのプネーに新支店voxeljet India Pvt. Ltd.を設けました。インドの鋳造業は殆どが伝統的な製造方式・工程に依存していますが、世界的に工業用3Dプリントの人気が高まる中、インド国内でも3Dプリンター、そしてオンディマンドのパーツやサービスに対する需要が高まっていて、定評のあるvoxeljet社がここを一大拠点として根を下ろし強力なインド3Dプリント市場を確立しようとしています。

voxeljet-continues-global-expansion-subsidiary-india5

voxeljetの新インド支店はプネーに置かれますが、ムンバイに近いこの地は自動車など製造業の一大センターとなっていて、ニディ・シャー(Nidhi Shah 女史がマネージングディレクターを努めます。彼女は3Dプリント方式および積層造形技術で10年以上の経験をもち、インドにおける3Dプリント産業の確立に主要な役割を演じました。現在の彼女の役割はインド市場にてvoxeljetブランドを定着させ、事業展開を推進することで、この取り組みに臨み彼女は「大きなチャレンジ」と述べています。

voxeljet-continues-global-expansion-subsidiary-india1

voxeljet Indiaのマネージングディレクター、ニディ・シャー(Nidhi Shah)女史

voxeljetは世界各地の支店で既に成功を収めているオンディマンドの3Dプリントモールド製造サービスセンターを18ヶ月以内に開設する予定です。しかしながら現在は業務拡大の第一段階にあり、セールス・サービス組織作りに焦点をあてることになります。

voxeljetはハイスピード、ラージフォーマット3Dプリンター、オンディマンドパーツ・サービスを提供する世界有数の工業用3Dプリントソルーションプロバイダーです。同社の3Dプリンターはパウダー結合、積層造形技術を採用し様々な素材セットを使ったパーツを製造しています。昨年同社は砂およびセラミックの3Dプリントに高い効果を発揮する新フェノール直接結合(Phenolic-Direct-Binding3Dプリント方式を発表しました。またvoxeljetは3Dプリントのハイパフォーマンスコンクリート開発に携わり、昨年同社は映画業界その他クライアントにオンディマンドで3Dプリントサービスを提供する企業である Propshop Modelmakers社を買収しました。

voxeljet-continues-global-expansion-subsidiary-india3

このインドへの業務拡大は同社の野心的な世界成長戦略における最も卑近の成功事例に過ぎません。2014年4月には彼らにとってアメリカ初の3Dプリント施設をミシガンに立ち上げることを発表し、の月の始めにこのドイツ企業は中国における3Dプリント市場を開拓しようとSuzhou Meimai Fast Manufacturing Technologyとのジョイントベンチャー 合意文書にサインしています。

voxeljet-continues-global-expansion-subsidiary-india4

同社は自ら掲げる『世界成長戦略』を着々と進めているように見え、私達は彼らが次にどこに店舗を構えるのだろうと目が離せません。この間voxeljetは企業紹介とインド3Dプリント市場における自らの役割の確立を兼ね、2016年の1月29日〜31日コインバトール開催の、インドで最も重要な鋳造機械見本市であるIFEXに参加するとのことです。

 

原文:

http://www.3ders.org/articles/20151217-voxeljet-expands-industrial-3d-printer-empire-into-india.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です