Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 試作は3Dプリンタ!ヘッドマウントディスプレイ「Telepathy Walker」
ces4408
このエントリーをはてなブックマークに追加

試作は3Dプリンタ!ヘッドマウントディスプレイ「Telepathy Walker」

ヘッドマウントデバイス「Telepathy」シリーズを手がけるテレパシージャパンが、「Telepathy Walker」発表しました。

 

Telepathy Walkerは片眼・非透過・カラーのディスプレイを搭載し、ヘッドマウント部だけで完結するAndroid搭載のヘッドマウントデバイスだ。各種情報の表示、カメラを組み合わせたARなど、さまざまな用途が想定されているそうです。

 

2016年の第2四半期に発売される予定で、価格は699ドル(約8万3000円)とアナウンスされていましたが、2月ごろにクラウドファンディングを実施し、早期申し込み者向けの割引も予定されているそう。ヘッドマウントデバイスというと、未だ開発者向けや業務向けとしての大量購入が前提で、意外と高価格で1個で買うと10万円以上の価格が付けられるものも多いところ、Telepathy Walkerはかなり安く、一般消費者を意識した価格設定になっています。

ces4417_s

本体の重量は50g前後で、後頭部に回す専用ヘッドバンドで固定。今回の展示で用いられていたヘッドバンド部分は、3Dプリンタで出力された試作品だそうです。

 

ヘッドマウントディスプレイなどは、実際に形にしてみなければ使用感もわからないですが、3Dプリンタによるラピッドプロトタイピングが行われている好例です。それにしても3Dプリンタでこの質感が出せるとは驚きですね。

 

参考:

http://k-tai.impress.co.jp/docs/event/ces2016/20160113_738832.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です