Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリンタ製の義足を改良!ハスキー犬に歩く喜びを取り戻しました。
89e5875c
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタ製の義足を改良!ハスキー犬に歩く喜びを取り戻しました。

アメリカのサウスカロライナ州にある3Dシステム社は足を失った犬の為に新しい義足を提供しました。

ハスキーのダービーは先天的に前足に障害がありました。同社のサラ・アンダーソンが率いるチームは以前にもダービーに対して義足を提供し、一時は彼に走る喜びを与えました。しかし、この義足は高さがあっておらず歩く際前のめりになってしまいました。これによりダービーに負担を強いるという問題があったため、改良を行っておりました。

d91a5eec
始めは単に義足の長さを伸ばしましたが、それでは装着の安定性が失われてしまいました。今回作成した新しい義足は特殊な構造を取ることであたかも本当の膝関節があるかのような使用感を実現しました。これによりダービーも前のめりにならずに歩けるようになりました。

 

人だけでなく動物も3Dプリンタの恩恵を享受できるというニュースに温かい気持ちになりますね。また、一度提供して終わりではなくその後の使用感を観察しよりよくしようとする3Dシステム社の姿勢に感服しました。そういった誠実な企業が大きくなるといいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です