Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリントへの支出は2019年に267億ドルへ!
477717366
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリントへの支出は2019年に267億ドルへ!

IDC Semiannual 3D Printing Spending Guideは、世界的な3Dプリントへの支出は現在の110億ドルから今後毎年27%の勢いで成長し、2019年に267億ドルに達すると予測しました。IDC Semiannual 3D Printing Spending Guideは他にも3Dプリンタ関連の技術やサービスがもつ経済規模を算出したデータを保有しています。
3Dプリント技術はこれまで工業製品や自動車の部品などへの利用が主でした。しかしここ3年ほどは価格を抑えた3Dプリンタおよび材料が登場し、これまで以上に様々な領域で3Dプリンタが使用される例が増え始めています。
また3Dプリントを請け負う代行業者も登場しています。自ら資金を投じて設備を保有していなくても、デザイナーなどが3Dプリンタ用のデータを業者に送ることで3Dプリントを請け負ってもらうことも可能となりました。
IDCはこのように技術が一般市民の域まで下りてきたことで利用者のすそ野が広がったとしています。また、小口注文にも対応できるほどコストが下がったため、個人でも手を出しやすくなり、ますます市場が広がったと論じています。中でも中国の3Dプリント市場はこれから大きく成長するであろうと述べました。

 

ソース:

http://rensai.jp/156733

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です