Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 大手CAD販売会社が見せたデザインの可能性
992422
このエントリーをはてなブックマークに追加

大手CAD販売会社が見せたデザインの可能性

CADソフト市場の36%を占めるソフトウェア会社「ダッソー・システムズ」は11月中旬東京および大阪の2カ所で「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」を開催しました。

992421
同イベントでは 3D CAD「SOLIDWORKS」の新たな機能や活用例を紹介しました。CEOも来日しこのイベントに参加し、メディアに対してCADの現状と新たな機能を述べたうえでこれからの展望を語りました。同社は従業員1万4000人の内、4000人を研究開発に回しています。ジャン・パオロ・バッシCEOは今後も革新的な発展を続けると述べました。

また商品の企画としてのデザインだけでなく、企業全体としてどう戦っていくかという大きな視点でのデザイン力の重要性を語りました。そして単なるソフトウェア会社ではなく革新的なプラットフォームを提供したいと述べ、「インダストリアル・デザイナー」という新たなアプリケーションを紹介しました。「インダストリアル・デザイナー」は粘土細工や絵のような操作性を追及し、より感覚的な操作を実現しました。

992429

同時に「オプティマイゼーション」という、コンピューターによる最適化アプリケーションも披露しました。
革新的なCADを開発することでデザインを手助けしたいと締めました。

 

 

ソース:

http://response.jp/article/2015/12/16/266278.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です