Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 中国式新建築術!3時間で家が建つ!?
11737981_1007634792610674_7893621279808768995_n
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国式新建築術!3時間で家が建つ!?

中国が建築業界を震撼させる技術を完成させました。なんとたった3時間で住宅を完成させることができるといいます。

 

この新しい技術を公表したのは中国の建築メーカー「卓達集団」です。「卓達集団」は今回、わずか3時間で住宅を建てることが可能であると発表しました。早さの秘密は新しい建築法にありました。3Dプリンターを活用し、あらかじめパーツを作っておくというのです。工場にて居間、台所、トイレとパーツに分けて作成しており、現場ではそれらを組み立てるとのこと。これにより時間短縮ができ、超短時間で住宅を建てることができたのです。作業の様子は動画で確認できます。各パーツをクレーンで持ち上げ組み立てていきます。各パーツ同士の接着面は凹凸構造を取っており、まさにレゴのようにピッタリとハマるのだそうです。

11223484_1007634789277341_2964531754908701177_n

工期は大幅に短縮されましたが、心配なのは安全性ですよね。しかしグループ企業である卓達新材推広研発建設集団の張波氏は安全性に自信があると言います。氏によればこの3Dプリンター製の住宅では鉄骨構造が取られており、「マグニチュード9.0クラスの地震でも耐えうる」ほど 十分な耐震性を備えているとのこと。さらに利点として、既存の建築方法と比べて低コストかつエコであるそうです。

11705214_1007634835944003_9150773910348317290_n

少し話がうますぎるような気もしますが、これが本当ならば建築業界に革命がおこる日はそう遠くないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です