Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 太陽光と土を利用して火星に居住空間を。NASAのコンテストで発表された3Dプリンター
solarcrafting-6
このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光と土を利用して火星に居住空間を。NASAのコンテストで発表された3Dプリンター

NASAが「NASA’s Centennial Challenges: 3-D Printed Habitat Challenge」というコンテストを開催したとお伝えしましたが、ファイナリストが決定されました。

このコンテストでは火星で人類が生活するコロニーを建設するアイディアを募集しましたが、ファイナリストによる提案が非常にユニークだったためここで紹介します。

solarcrafting-1

「Solar Crafting」というタイトルで、火星の大地と太陽光を用いた3Dプリンターを発表しました。巨大なレンズを備えたバルーン型の集光部分は、常に太陽の動きを追います。これにより太陽光を焼結ビームに変換し続けます。ビームが火星の土を溶解することで、3Dプリントの材料がつくられます。溶かされた土は冷やされ固まります。プリンタをバルーンと固定して、重量を軽減する工夫がなされており、比較的小規模な設備で運用することができます。必要はには土と太陽光であるため、一度設備を整えれば追加で材料を送る必要がなく、コスト削減や時間短縮につながります。
4つのロボットが環境整備や材料調達、装置の組み立てを行います。

solarcrafting-4
コロニーは「エクステリアドーム」、「中央モジュール」、「生活空間モジュール」の3つの構造からなり、全体で510平方フィートになります。
内部には医療スペースも用意されており、快適に暮らせるように設計されています。
もしかしたら数十年後には実現しているかもしれませんね。

solarcrafting-5

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です