Home / 特集 / 3Dプリンタの購入検討で鍵となるものは?――4.本当に買う必要はあるのか?
hatena
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタの購入検討で鍵となるものは?――4.本当に買う必要はあるのか?

以上の要素を考慮すれば、プリンターの各オプションがあなたの適用範囲に適うものかどうか納得できるかと思います。またハード面と人材面から見てこれらのプリンターの費用があなたの会社の展望に適っているかどうかも納得できるでしょう。

これらの事に留意した上で重要なのは、自分のニーズに合ったプリンターを購入することと、オンデマンドのパーツに関しては『レンタル』を利用することと、その最良の組み合わせを考慮することです。

率直に言って、ビジネスで必要だとしてもマシーンを買い揃える程に投資できる企業などほとんどありません。無尽蔵に予算がある企業でも、戦略的により柔軟に対応できるよう、大部分は外注を好んだりするものです。

以上に留意した上で多くの企業は(Stratasys Direct などの)個別のサービスプロバイダーや沢山のサービスプロバイダーをネットワークに有している(3Diligent などの)サービスマーケットプレイスを利用しています。こうしたサービスの利用は、社内生産に伴う固定費用やの他関連リスクに対する有効な防御手段になり得ます。

3Dプリントサービスは社内生産の有効な代替手段もしくは補助手段となり得ることもよくあるので、購買を決断する前にこうした手段についてもきちんと調べておいて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です