Home / 特集 / 【連載】3Dプリンタの購入検討で鍵となるものは?
ThinkstockPhotos-166578182
このエントリーをはてなブックマークに追加

【連載】3Dプリンタの購入検討で鍵となるものは?

3Dプリントの大波が新聞の見出しを騒がせ企業のリーダーも着目する昨今です。

ある会社が3Dプリントを必要とするか否かは最高責任者に共通な課題となり「3Dプリントとは何なのか、我社にどれ程のインパクトを与え、これに対しどのような戦略をとるべきか」の決断を迫られています。

3Dプリントは最大量の製品プロトタイプを作成する際のより効果的な方法でありオンデマンドでエンドユーズパーツをプリントする能力も向上しているため多くの会社が3Dプリントを自らの戦略プランの一つとして位置づけています。

この入手可能な技術を使って会社のニーズを満たすには3Dプリンターを購入するのが良いのか、それともサービスプロバイダーやマーケットプレイスを利用するのが良いのか、正しいバランスの見極めが判断の要となることがよくあります。

以下は3Dプリンターを購入するかを検討するにあたり会社が考慮すべき幾つかの点です。

1日に1ポイントずつポイントを解説していきます。

af9920070636l

1.3Dプリンタで何をしたいのか?

 

2.3Dプリンタ稼働のコスト

 

3.3Dプリンタのイノベーションのスピード

 

4.本当に買う必要はあるのか?

 

企業リーダーが3Dプリントをビジネス戦略の一貫として含めたい理由はちゃんとあります。このテクノロジーを企業の『てこ』として計画的に利用するには沢山のことを考慮しなければなりません。
上記のポイントを一つずつ考慮していけば、3Dプリント購入のための判断材料が揃うのではないでしょうか。
原文:
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です