Home / 3Dスキャナ / 2015ベスト3Dスキャナ!大注目のその15「MIT’s 1,000x better 3D scanning technology」
best-3d-scanners-2015-15
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015ベスト3Dスキャナ!大注目のその15「MIT’s 1,000x better 3D scanning technology」

これは、正確には市場で手に入るモデルの3Dスキャナではないですが、最後にはワールドクラスなとても安い、そして携帯に備え付けるかなりエキサイティングな技術進歩です。この技術はMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者たちによって発見されました。光の偏光を利用する事で解像度を既存の3Dイメージ装置の1000倍まで引き上げる事ができます。

 

驚くべきことに、彼らはこの巨大な3Dスキャンの突破口を作るために、昔ながらの偏光レンズとMicrosoftKinectに依存していました。「今日、写真家は素晴らしい写真を作成するために、2Dカメラの偏光フィルタを使用しています。偏光3Dは ”もし偏光フィルターが3Dカメラに使われたら?”という質問にメスをいれました。そして答えは”ミリメートル品質で動作する商品深度センサは、3桁の解像度を向上させ、ミクロンの品質に向上させることができる”でした。」研究者は説明します。

 

 

まだMITの有名なメディアラボで開発フェーズにあるものの、この技術はスマートフォンから自動運転車まですべてに明らかな適応可能性を持っており、我々は、それが市販される日を楽しみにしています。

 

MIT’s 1,000x better 3D scanning technology

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です