Home / 未分類 / カブクとミツイワが3D Printing MMSの販売サポート強化で提携
dmln53000001645y
このエントリーをはてなブックマークに追加

カブクとミツイワが3D Printing MMSの販売サポート強化で提携

インターネット関連事業や、システム開発を手掛ける株式会社カブクは、3Dプリンターを製造に利用している工場向けのクラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service」を2015年8月26日に立ち上げました。
製造受託業務に必要な機能をワンストップで提供できることから、すでに200社以上の工場に導入されています。サービス名にあるRinkakとは、同社が提供する3Dプリンターを使ったものづくりプラットフォームのことです。
Rinkakの特徴は、3Dプリンターのみならず、3Dスキャナー装置まで含めたソリューションであること。費用のかかるITインフラが必要ないことから全国の拠点に展開できるのが大きなメリットです。
そのメリットを活かし、今回3Dプリンターの販売・技術提携に向けてパートナーになるのが、ICTサービス、デバイス製造の老舗企業ミツイワ。

 

カブクではすでに3Dプリンター工場を、製造におけるパートナーとしてネットワーク化していますが、提携によりそのシステムを提供し、ミツイワの持つ全国23か所ある営業拠点を利用して売り込みを図る計画です。
Rinkakを利用した事例としては、トヨタの一人乗りビークルのカスタムパーツを製造する「OPEN ROAD PROJECT」など数件の成功例があり、今後ミツイワとの提携により、さらに多くの事例が生まれそうです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です