Home / 3Dプリンタを使う / 3Dモデリング / デザイン表現を豊かに広げる。直感的にデザインできる「Geomagic Sculpt」
FireShot Screen Capture #147 - 'geomagic Claytools モデリングシステム|日本バイナリー' - nihonbinary_co_jp_Products_3DModeling_Sculpt_html
このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン表現を豊かに広げる。直感的にデザインできる「Geomagic Sculpt」

3Dデータ作成者にとって、ツールを直感的に操作できるのは大きな助けになるでしょう。
株式会社イグアスが発売した「Geomagic Sculpt」は直感的操作が可能な機能を満載した3Dデータ作成ツールです。

専用のコントローラーで、前後左右、手前から奥のZ軸にも移動できることで操作性が格段に向上しました。画面上のオブジェクトに対し、実物を動かすような感覚で形状を作成できるのは便利です。また、Geomagic SculptはCAD(コンピュータ上で行なう設計)と合わせて使用することができます。既存のCADモデルに美しい製品デザインを付加することができるのは、表現の多様化にもつながります。

 

一例として無地のお皿をCADデータに読み込み、貼り付けたい模様をテクスチャ画像で読み込みます。そのあと模様を表面形状として転写処理すると、模様のあるお皿に造形することができます。
3Dプリンターへの対応も万全です。特に、デザインが整っているか、エラーがないかをプリント前に提示してくれる機能が搭載されているのはミスの軽減につながります。

 

Geomagic Sculptを利用すれば、かなり微細な形状まで作成できるため、これまでCADでは不可能だったデザイン表現が可能になります。
3Dデータ作成の世界はますます豊かな広がりを見せることでしょう。

 

リンク:

Geomagic Sculpt

参考:

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です