Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / オリンパスの技術がオープンソース化!3Dプリントも可能!
FireShot Screen Capture #135 - 'TOOLS I オリンパス OPC Hack & Make Project' - opc_olympus-imaging_com_tools
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスの技術がオープンソース化!3Dプリントも可能!

オリンパスが「Olympus Open Camera」というサービスを開始しました。

 

Olympus Open Camera」は、オリンパスのカメラのパーツやレンズを3DモデルとSDKを誰でもアクセスできるようにし、ユーザーらによって改良されていくことを目指したオープンソース化のプロジェクトです。

FireShot Screen Capture #134 - 'オリンパス OPC Hack & Make Project' - opc_olympus-imaging_com

メールアドレスを登録すると、STLファイルがダウンロードできるので、すぐに3Dプリンタで出力することもできます。

 

自分好みにカスタマイズするもよし、他のユーザーがカスタマイズしたものを使うもよし。

3Dプリンタでプリントすることのできない重要部分に関しては、販売という形になっていますが、オプション品などは無償で公開されています。

 

「どういう場合にシャッターを切るか」、「どこに保存するか」等の設定から、どのような条件で撮影するかまで、撮影行為をプログラミングできるアプリなども用意されています。

 

オープンソース化といえば、最初はプログラムの世界だけでしたが、データを現実にしてくれる3Dプリンタによって現実の世界のものをもオープンソースにすることが可能になりました。

この流れがどこまで行くのか。とても楽しみです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です