Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / あのシャネルが3Dプリンタで洋服を!
017_m
このエントリーをはてなブックマークに追加

あのシャネルが3Dプリンタで洋服を!

シャネルは半期に一度、オートクチュールコレクションを発表しています。

その中で3Dプリンタ製のパーツを使った洋服も発表されました。

 

chanel-two-dress

洋服全体を3Dプリンタで出力したというわけではなく、部分的に3Dプリンタに出力を担わせ、最後に仕立て職人が手縫いをしたようです。

chanel-up

正直、遠くからみても近くから見ても、どこを3Dプリンタで出力したかはわかりません。

それくらい上手く3Dプリンタが利用されていると言ってもよいでしょう。

 

chanel-colthes

 

シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドは「現代の服を着るのは現代の女性であり過去のブルジョワ階級の女性ではありません。歩みを止め眠り姫のように時の流れから隔絶されれば、人々には忘れ去られてしまう。」といった旨の発言を残しております。ここから3Dプリンタを用いて洋服を作った理由が伺えますね。

100年以上の歴史を持ち、現在もファッション業界のトップを走り続けているシャネルですが、その進化はとどまるところを知りませんね。

girl with laptop computer

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です