Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリント技術がもたらす、ファッション・ランジェリーの新潮流
russian-designer-develops-3d-printed-lingerie-in-response-to-a-ban-on-lace-1
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリント技術がもたらす、ファッション・ランジェリーの新潮流

3Dプリンターの大きな特徴は、その人に合わせたオンリーワンの造形物を作成可能であること。そこで、ランジェリーメーカーもこの技術を活用して、女性用の3Dプリンター製
商品の開発・販売に乗り出しています。

 

女性の下着にはファッション性が求められるため、体形にフィットした商品でなければなりません。機能性とデザイン性を両立させることが重要ですが、その手段として3Dプリンターが注目を集めているのです。
ロシアでは貝殻とパールチェーンをデザインした3Dランジェリーが発売されましたが、従来のアパレルメーカーによる大量生産には向かない商品です。3Dの技術を利用すればこのような奇抜なデザインでもオーダーメイドできる点で、新しいファッション・ランジェリーの可能性を広げてくれます。

russian-designer-develops-3d-printed-lingerie-in-response-to-a-ban-on-lace-1

さて、実際の販売方法ですが、スマホを利用した「JOY FIT」というアプリで販売する実験が進行中です。
こちらのシステムでは、まずスマホの専用アプリで体を180度方向からスキャンし、メーカーにデータを送信します。そのデータに基づいて作成された下着がメーカーから配送されてくるというシステム。まさにカスタム・オーダーメイドの理想的な販売方法といえます。

 

日本ではまだ一般的ではありませんが、コスト面で折り合いがつけば、乗り出してくる企業が現れる可能性はあるでしょう。

 

・動画

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です