Home / 3Dプリンタを使う / 3Dモデリング / 実はもっと安くできた…?意外と知らない3Dプリント代の節約法
ThinkstockPhotos-480351583
このエントリーをはてなブックマークに追加

実はもっと安くできた…?意外と知らない3Dプリント代の節約法

 

ようやく完成した3Dデータを、出力サービスで見積もりをとったとき、予想以上の値段で驚いたことはありませんか?そんなとき、データ作成に苦労しただけあってなかなか後に引けません。

ということで、同じものを出力したい場合でも、安くできる方法をお教えします!

 

1.素材ごとの代金計算方法を知る

ThinkstockPhotos-480351583

 

実はいくつかある3Dプリントの計指人形算方法。

一つは、オブジェクトのまわりもぴったり囲む四角形のサイズで計算する方法。

この場合、四角のサイズいっぱいの直方体も、十字架のように四角に入れてもスカスカなものも値段は同じになります。

ポリアミドなどはこのように計算されることが多いです。

そして、セラミックであれば、表面積。スチールなどは複雑な計算されることもあります。

そして、デザインを変えずに大きく安くすることができるのが、体積によってお値段が変わるもの。

 

2. 中抜きをしよう

指人形のようなイメージで考えてもらえればわかりやすいと思います。

当然体積は大きく減るので、お値段もずいぶん安くなります。

Hand holding five finger puppets

でも、どうやって中抜き・中空化するのかというと、AutodeskのMeshmixerがオススメです。

モデルを読み込み、[Edit]から、Hollowを選択するだけで簡単にできます。

 

3.中抜きするときの注意点

中抜きをするときは、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

 

ひとつは、 厚さは、素材にあったものにするということ。

0.3mmから0.4mmくらいの薄さでも造形できる高精細のステンレスのような素材もあれば、6mmくらいの厚さが必要になるセラミックのような素材もあります。

各プリントサービスの素材説明欄にも記載があると思うので、しっかりと調べてみたください。

もう一つが、逃がし穴をあけること。

逃がし穴をあけないと、内部に粉や液体樹脂がたまったままの状態になり、変形の原因にもなります。

逃がし穴をあけるときは、モデリングソフトで円柱を重ね減算すればすぐにできると思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です