Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / StratasysとAdobeはマルチマテリアル3Dプリントのワークフローを簡素化
FireShot Capture 54 - Stratasys Expands 3D Printing Adoption Throug_ - https___www.youtube.com_watch
このエントリーをはてなブックマークに追加

StratasysとAdobeはマルチマテリアル3Dプリントのワークフローを簡素化

PhotoShop CCを介したフルカラー3Dプリント技術などでパートナーを組むStratasysとAdobeは、テキサス州ダラスで開催されたSOLIDWORKS World 2016で、システム強化された新しい「Stratasys Objet Connex3」を発表。フルカラー3Dプリンティングに必要なワークフローを簡素化するためのシステムについて新たなシステムを公開した。

Adobe 3Dカラープリントエンジンを搭載したStratasysの新しいソフトウェア「Stratasys Creative Colors Software」は、ユーザーがPhotoShop CC上で直接3Dプリント用データ(STL等)を読み込み、簡単に着色やテクスチャ展開を実施。
カラー展開が済み完成したデータは、PhotoShop CC上からダイレクトにStratasysのオンデマンドサービス「Stratasys Direct Manufacturing」を利用することが可能となり、シームレスに3Dプリント発注までの工程が実行されると言う、シンプルなワークフローを構築。
PhotoShop CC上からConnex3に最適化されたフルカラーデータが製作できるのは非常に便利なシステムですね。

データはダイレクト3Dプリントだけでなく、PDF化して共有なども可能。デモ映像では、メール添付PDFにて共有化を実施したイメージしたシーンが挿入されています

「Stratasys Creative Colors Software」は、すべての新Objet Connex3にバンドルされますが、既存のConnex3 260、350、500ユーザーは、別途ソフトウェアを購入することで利用可能となるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です