Home / 3Dプリンタを比べる / 製品情報 / 独EOS社製「小型」歯科医療用金属3Dプリンタ「EOS M 100 Dental」をNDESが販売
2016_0125_am01
このエントリーをはてなブックマークに追加

独EOS社製「小型」歯科医療用金属3Dプリンタ「EOS M 100 Dental」をNDESが販売

 

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は1月25日、独EOS社製の歯科医療用金属3Dプリンタ「EOS M 100 Dental」の販売を4月より開始すると発表しました。

「EOS M 100 Dental」は、歯科医療用金属粉末積層造形システムとして実績のある「EOS M 270 Dental」と同等の造形品質をコンパクトな筐体で実現しており、患者の個々の3Dデータを元に高精度なクラウン/ブリッジを一度に大量製造することができる。造形サイズは直径100mm×95mm(build platform含む)。

本体価格は3100万円~で、同社は3年間で20台以上の受注を目標としているといいます。

2016_0125_amD02

造形品質

  • 安定した高品質な造形をコンパクトな筐体で実現
  • 小さく精緻な部品の造形に最適なプラットフォームの採用
  • 材料が持つ本来の特性を維持した造形

操作性

  • カートリッジ式材料容器の採用により簡単迅速なセットアップ
  • タッチスクリーンによる分かりやすく簡単な操作
  • 専用ソフトウエアによる効率的な造形(アイドル時間の最小化)

コストパーフォーマンス

  • EOSの高品質な金属粉末積層造形技術を低価格で導入可能

装置仕様

  • レーザー:200W Yb-fiber, レーザー径:40μm
  • 造形サイズ:直径100mm × 95mm (build platformを含む)
  • 装置寸法:800mm × 950mm × 2250mm
  • 装置重量:約600kg

 

ソース:

http://www.nttd-es.co.jp/info/2016/0125_010588.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です