Home / 3Dプリンティングを知る / トレンド / 3Dプリンタで、ついにライフルまで。
3aed1ce8
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタで、ついにライフルまで。

 

大学教授が3Dプリンタで製作した銃を所持していたことで話題にもなりましたが、ついにライフルまで作ってしまったひとがいるそうです。

3Dプリンタでライフルを作成したのは、法学生のコーディ・ウィルソンさん。

実は彼、米ワイヤード誌に「世界で最も危険な15人」のひとりに選ばれています。

69e103b4

 

彼は「ウィキ・ウェポン」というプロジェクトを立ち上げ、「世界中誰もがオンデマンドで銃を手に入れるようになったら、社会はどう変わるか」を確かめたかったといいます。

銃のような各部品に高い精度と強度が求められるものは、3Dプリンタではまだ難しいと多くの人が考えたと思います。

 

しかし、今回彼は、撃針以外のすべての部品を作ることが可能だといいます。

彼らが公開している銃の3Dデータは世界100か国で80万件ダウンロードされ、日本からのダウンロードも6万件を超えています。

これから、日本にも影響が出てくるかもしれません。

 

 

・動画

出典: http://blogbu.doorblog.jp/archives/52441953.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です